兎鳥庵日記

実験室出身のうさぎさんたちと暮らしています

2020年9月27日以前の記事については、リンク集「兎鳥庵日記(2020年9月27日以前)」よりご覧ください。

カテゴリ: 日常

今日の読売朝刊のコラム。
DSC_2931
ホントかな
記者さん、かつがれてませんかね

たまたまこの2人は意気投合したのかもしれないけど、子うさぎいたら、
確実に食われますよねΣ( ̄ロ ̄|||) 
冬限定だからOKってこと

うさぎのいおりさんの節句人形と、おのこ3人、記念撮影です。
210505 DSC_3032 (2)
左から、ナッツ、ペコ、むう

210505 DSC_3039 (2)
もちっと、おしゃれなバスケットなんぞに入れた方がいいんではないかい
ってチャレンジしてみたけど、残念な結果に

210505 DSC_3046 (2)
お顔を出してもらおうと思って、いろいろやっているうちに、ドコドコ逃走モード
節句人形さんも逃走モード

210505 DSC_3053 (2)
なんとか、うさぎとお人形さんを直して、いざ

と思ったら、、、カクカク始まってるヒト

210505 DSC_3065 (2)
こりゃダメだと、問題児とバスケットにはご退場いただいて。
やっぱり、キケンな雰囲気

210505 DSC_3076 (2)
最後に残ったヒト(むう)
ぶんむくれでゴメンナサイ💦💦


節句人形のモデルになった、初代ダッチのレンも、ライオンズのはるも、日本白色種のハクも、みんなもういないけど。
跡を引き継いでくれている子たちがいて。
ありがたいことです

毛の生えてない子供も、毛の生えた子供(?)も、みんな元気でありますように 

同じタイトルの記事を何回も書いていると訳が分からなくなるので、通し番号を付けました。
ライブドアに移転してから、たぶん8回目のはず・・・。


なんとなく言葉足らずな気がするので、前回記事の補足を書きます。
引用した記事(動物園のふれあいウサギ安楽死の件)は、ぶっちゃけ、動物園側の都合です。
くしゃみ・鼻水の発症を抑えきれなくなって、白旗をあげた形です。
動物のQOLとか、後でとってつけた理由だと思います。
考え方として間違ってはいませんが。

それでも、動物園の対応が間違っているとは思わないのです。
動物園のサイトにある「お知らせ」一覧を見ると、経済的にも苦労されていて、物資や動物の医療費を寄付に頼っている状況も分かります。
お金も、物資も、人手も、施設のスペースも、すべてが有限で決して十分とは言えない状況にあって、どうすべきか。
最終的に結論ありきの状況になってしまったとしても、非難できることではありません。
そこに至るまでの間に、きちんと手を尽くされているから。

動物園の本来の役割を考えれば、ホームセンターでも売っているような動物の飼育や展示に力を注ぐことはナンセンスです。
ただ、本来の習性に近い、穴を掘り群れで暮らしている様子を見せられれば、それはそれで価値のあることだとは思います。
が、ふれあいで出来るのは、せいぜい小学校のうさぎの延長線でしかないのでは!?
という気もします。


痛ましいことではありましたが、動物が好きでその道を選んだ、プロフェッショナルな方々の出した結論は尊重すべきでしょう。

小学校のうさぎなら、「心ある方は連れ帰って、お家で治療してあげてください」というのもありだと思いますが、動物園がそれをやっちゃオシマイでしょうとも思います。
そのお家に先住うさぎさんがいる場合、その子を死に追いやる可能性もありますし。

飼育崩壊のうさぎさんの保護の話などを見聞きして、傷病うさぎさんを迎え入れて治療するのが当たり前と思う方もおられましょうが、一方で、とんでもないことという考え方があるのも事実です。
ワクチンなどなく、ひとたび感染症にかかれば完治は望めず、病気と上手にお付き合いして生涯を全うしてもらうしかない、それがうさぎという動物です。
ときとして、健康な子を巻き込む恐れがある、そのことを十分に理解したうえで、そういった子はお迎えしてほしいなと思うのです。
目の前でバタバタと倒れて死んでいくのをなすすべもなく見つめていることしか出来ない、そういった修羅場に耐えられる、メンタルの強い人はそう多くないと思います。


我が家も、どこからやって来たのかさえ分からない感染症で大事な子を3人亡くしました。
普通のうさぎなら全く問題にならないような日和見菌、抗酸菌症で大変に苦しい思いをさせてしまいました。
病理検査をしていただいて後で分かったことでしたが、その結果を見て、ここまでと分かっていたなら安楽死を検討すべきだったとも思いました。

そのときの生き残りが2人います。
だから、リスクはゼロではないと思っていますし、その子たちは今も抗生剤を飲ませています。
それこそ、ここが動物園だったら間違いなく全頭処分のケースでしたが、この子たちは大事な伴侶動物なので、必死で治療しました。


動物も人も立ち位置によって最善は変わります。
殺すのが人間のエゴだというなら、生かすのもエゴ。
そもそも、その子が生まれてきたのも人間の都合。
ペットの動物とて同じです。

それでも、生まれてきてくれてありがとう、
ウチの子になってくれてありがとう、
というのが人の自然な気持ちです。

人と動物をつなぐ縁は確かに存在します。

ご縁に恵まれる子もいれば、恵まれない子もいます。
ペットの動物に限っても、人と暮らす幸せを知らずして命を失う動物の方が多いのかもしれません。
でも、それも含めて神の摂理なんだと思います。

命のことで人がどうこうできる範囲はすごく狭い。
どんなに大事にしていても、不慮の病で亡くなる子もいます。
どんなに不遇な環境でも、たくましく生き抜く命もあります。

もちろん、不幸な動物を減らす努力は必要ですが、自らが神の位置に立って、批判することは厳に慎むべきであろうと思います。
私たちに出来るのは、今、目の前にいる命とのご縁に感謝しつつ、共に暮らしていくことなんだろうと思います。
その小さな積み重ねがいつかは・・・と願ってやみません。


210214 DSC_1462 (2)
この世の終わり・・・と思った先に未来が開けた、運のいいお子たちです

少し前の話になりますが。
こんなニュースがありました。


(当初引用していた記事がなくなってしまったので、リンク先を変更しました)

動物園のふれあいコーナーのウサギにパスツレラの集団感染(というか発症)が見られ、動物園としてもできうる限りの手を尽くしたものの改善に至らず、やむを得ずすべてのウサギに安楽死処置をしたというものです。
動物園のホームページに「お知らせ」が掲載されて明らかとなりました。

動物園のツイッターにはかなり感情的なコメントも見られましたが、この記事自体にはまあまあ、まっとうなコメントがついているかなという印象です。


名の知れた人気動物のことならいざ知らず、ふれあいの動物のことをここまで丁寧に公表されていることを、まずは評価すべきでしょう。
どこにでもあるふれあいコーナーですが、なかなかこういう対応が出来るところは少ないと思います。

悲しいことではありますが、動物園の動物を伴侶動物と同列に考えることは無理です。
ふれあいの動物は動物園の本筋ではない、客寄せのオマケのような存在です。
それでも、手を尽くして対応されています。


ただ、不可解なことが一つ。
この動物園では、以前、ノウサギに兎出血病が発生しています。
致死率40~90%とも言われ、治療法もない厄介な感染症ゆえ、本来であれば発症していない個体も含め、敷地内のウサギは全頭処分が選択されるべきでした。
しかし、このときはふれあいのウサギも、生き残ったノウサギも飼育を継続しています。
ノウサギについては抗体検査を実施したといいますが、検査は万能ではないはず。

園内に侵入した野生動物や、お客さんがウィルスを媒介し、野生のノウサギやお客さん(その方と接触のある人も含め)のペットのウサギに感染が広がる恐れもあると思いました。

絶対に封じ込めなければならない兎出血病の時の対応がそれで、パスツレラでこの対応!?
と違和感を抱いた方も多かったのではないでしょうか。
侮ってはいけない感染症ではありますが、パスツレラなんて、ほとんどのウサギが普通に持っているもので、発症するかしないかの違いでしかないですし。

その辺の割り切れなさは残るものの、鼻水垂らしてくしゃみしているウサギをふれあいコーナーに置いておくわけにはいかないし、致し方なかったんでしょうね。

ふれあいコーナーだけではなく、なんとかカフェとか、人間が自分の都合のいいときだけ動物を可愛がりに行くという、そういう商売はやめるべき時に来ているんだろうな、、、と思います。
コロナ禍のおり、感染症や動物との付き合い方を考えるべき時なのかもしれません。


そういえば、飼育崩壊したウサギ観音のお寺さんもボランティアの方が非常に頑張っていらっしゃるけれど、あまりいい状況ではないみたい。

情報公開の仕方とか、報道のされ方とか。
そして、SNSの反応の仕方とか。
ふれあいウサギの件もそうだけど、なんだか考えさせられます。


オマケ
210223 DSC_2127 (2)
我が家の可愛いの、貼っておきます

これも、処分されるべき動物。
だったんですけどね、、、可愛いから生きてます。

こういう話は、可愛いとか可哀想とかいう感情は横に置いてしなければイカンのですが、でも最後は感情論になってしまうんでしょうね

多くの命が失われた、あのときから10年。
つい、この間のことのようにも思うけれど、もう10年。
心の中で手を合わせました。

ウチはよほど見たい番組がない限りは、テレビは常時NHKなのですが。
このところずっと津波の映像ばかりで、正直、キツかったです。
特に深夜、なんですね。
で、つい見ちゃって、寝不足にもなるしで💦

でも、忘れちゃいけない。
そういうことが、今も起こり得るのだと。

ウチは幸い、津波も洪水も心配はないけれど。
建物の倒壊がない限りは自宅が一番安全だし。
うさぎたちと鳥たち全員を連れて逃げるのは到底無理ですから、籠城するしかないのでありますが。

でも、あのとき、動物たちを置いて避難せざるを得なかった方々のことを思うと、心が痛みます。
自分だったらどうするだろう?
って思うけど、家を空けるのは丸1日が精一杯の我が家では、やっぱり置いていくのはあり得ない。

そんなことを思いつつ、
「あのときは怖かったよね~、ビックリしたよね~」
とうさぎたちに語りかけ、、、
あ、そうか、あの地震を知っているのは、むっちゃん&サブちゃんだけだって気がついて。

メロンさんはまだウチの子じゃなかったけど、東京のお家で(しかもお外で)こっちよりもっと揺れて怖い思いをしたんだろうな~。


あの日。
目の前で人々が津波にのまれるのを見た人の心の傷は、いかばかりかと思います。
お年寄りの手を引いて逃げる途中、その手が離れてしまった、自責の念はいかばかりかと。
皆さん、インタビューにはサバサバ答えていらしたけれど。

そして、ニュースにはならないけれど、多くのペットたちがケージに閉じ込められて逃げようもないまま、沈んだであろうと思うと心が苦しいです。

自分はあまりに無力で、何も出来ないけれど。
今、目の前にいる命を守ること、それしかないですね。

「みんな、命があってよかったね。」
しみじみ、そう語りかけています

DSC_2424_SP0000
10年前の むうさん。若いですね

泣きました。
ぜひ、読んでください。

 

そのときのために、準備と覚悟が必要ですね。

ちょっと(かなり?)カメですが、立て続けに2件、ジェネリック医薬品メーカーの不祥事のニュースがありました。

初めに報道されていた、イトラコナゾール。
聞いた瞬間、ん それ、ウチのうさぎが前に飲んでたヤツじゃんって

しかも、ちょうど、むうさんの皮膚トラブルがカビじゃないかってことで、検査してもらっていたときです。
210116 DSC_1852 (2)
これが培養検査の結果なのですが、確かにカビはでたんです。黒カビが。
ただ、フツー、こんなものは出ないそうで
お薬やるか先生もちょっと迷われたみたいですけど、ちょうどなタイミングでむっちゃんカチンカチン事件が発生し。
そっちの方でステロイドをやることになったので、肝臓への負担を考え、カビの方は不問となったのでありました。
(ステロイドは肝臓への影響があるので)

もし、カビのお薬やってたら、それって、あのイトラコナゾールなんですよね。
我が家では、過去何人かこのお薬のお世話になっています。
もし、あのとき出してもらってたら、それ、どこのメーカーさんのですか?
って聞いちゃうところでした。

人間はきちんと表示のされたパッケージに入ったお薬をもらえるけど、動物のは動物病院で調合されたものをもらうから、さすがにメーカーまでは分からない。
もちろん、体重比で適量が出されるはずではありますが、いかんせん体の小さい子たちですから、もし、問題になったそれを使ってしまった病院があったとしたら、影響は大きいのではなかろうかと・・・。

すごく怖い話だな~と思ったことでした。
人間でも亡くなられた方がいらっしゃいますし。
動物には被害がなかったと思いたいですが、もう分からないですよね。
まあ、分かったとして、損害賠償の対象になるんだか、ならないんだか


薬害を防ぐために、開発の段階から動物の命を犠牲にして厳しい規制の下、承認申請のための資料をそろえます。
(動物試験のラボは言いやすいのか、メチャクチャ言われますよ
その後の治験や製造販売の段階でも、厳しい規制をクリアしているはず・・・
と思っていたら、案外、ザルってそんな話
どこの世界でも大なり小なり手抜きやポカはあるものですが、ちょっとスケールが違う。

お薬の利用者だけじゃない、その薬が世に出るまでに犠牲になった動物たちの命をも踏みにじる行為だよね、って悲しかったのでした。
先のお寺さんの飼育崩壊もそうですが、なんだか命を軽視する風潮が蔓延しているような。
言いようもなく悲しい気持ちになったりもするのですが、それもコロナのせいもあるのかな

210303 DSC_0476 (3)
  オマケ  おひな祭りのあかりちゃん

なんだかな~と思うことが多い、今日この頃。

奈良公園のシカを斧で斬り殺した人の逮捕容疑が文化財保護法違反だとか。
 動物愛護法ちゃうんかいって、ずっこけました。
そうだよねぇ、ペットの犬や猫でも器物損壊罪だもんな~
と思い直し。

弱いものへの暴力ってホントやりきれないです。
子供への虐待のニュースも後を絶たないし、奥さんを9階のベランダから投げ落として・・・
なんて強烈なニュースもありましたし。
社会全体がコロナのせいでストレスたまってんのかな~
とも思うけれど。
それだけでもないんでしょうね。


そして、うさぎ観音のお寺さんが、うさぎ飼育崩壊したとか。
しゃれになんないニュースも飛び込んできて。
檀家40軒で140匹。
3、4匹ずつ引き取ってもらえば・・・
なんて、アホな計算したりして。
ご住職は良い方らしいので、いい方向に行くといいのですが。

保護したうさぎが増えちゃって、、、というのはありがちですが、
わざわざ除草係として、うさぎを導入したのだとか。
財政難なのに、なんでうさぎに手を出すかな~(涙)

15年前からっていうから、その頃はまだ・・・
なんても思いましたけど、自分がうさぎを飼い始めたのは16年前。
そのときすでに、うさぎの飼い方は劇的に変わっていて、安易な気持ちで引き受けちゃダメだって、気を引き締めて、覚悟を持ってお迎えしたのでした。

うさぎ、お金も手間もかかるよ?
っての、広めないとダメですね。
小学校のうさぎ感覚で飼っちゃう方も、未だにいらっしゃるようですし。

やるせないのは、多頭崩壊のうさぎさんって、感染症を持っていたり、先天性の疾患があったりして、短命な子が多いってこと。
里親さんの立場に立てば、う~ん、、、って感じになっちゃう。
以前、我が家から送り出した、りんちゃん、らんちゃん(ふくと同郷の多頭崩壊の子)も良いご縁に恵まれたものの、長生きはできず。
里親さんに悪いことしちゃったな~って、今も心に棘のように刺さっています。

命あるものに関わるということ、それはどのような立場であれ、痛みを伴うものでもあるのでしょうね。
それが分かる人にだけ、関わってほしいな~
とも思うのです。

ともあれ、ワンコやニャンコの世界では多頭崩壊のニュースが次から次ですが、うさぎもニュースになるようになったと思えば、多少なりとも市民権を得てきたというところでしょうか。
前はニュースにもならなかったものね。

会社帰りにお買い物に行ったら、かわいいの見つけちゃいました
210218 DSC_0308 (2)
ミント系は苦手なんですが、つい買ってしまった💦



210218 DSC_0310 (2)
 中身はこんな。
また買っちゃいそうです続きを読む

昨日の地震、皆さま大丈夫でしたでしょうか。
被害にあわれた方々には、1日も早い復旧をと祈るばかりです。

はるか離れたこちらでも震度3、ところによっては4で、かなり長い間揺れてゾッとしました。
近隣で停電もあったようですが、幸いにも我が家は無事。

ちょうど、ナッツ&あかりちゃんがへやんぽしていましたが、一瞬、固まっておりました。
10年前を知るサブレ@オカメインコも絶叫しておりましたが、程なく落ち着いてくれました。
揺れが収まったところで、遊んでいたヒトたちには早々にお帰りいただきました。

念のため、懐中電灯をチェックしたら、しっかり電池が切れてるし💦
ダメですね。
うさたちのボトルを満水にして、やかんにお水も汲んで・・・
なんてやっておりました。


ああ、ハクたんがいたら大騒ぎだっただろうな・・・
なんて、10年前を思い出してみたり。
台風とか地震とか天変地異が苦手な子で、血相変えてサークルごと逃げだそうとしていたり。

あのときは、余震も続いたし、計画停電もあったしで、ヒトも動物たちもみんな情緒不安定になっていましたっけ。
今回も、なんで東北ばっかり?
って思いましたけど、あの震災の余震だとか。
10年の節目でこんなに大きいのが来るのも、忘れるなって警告なんでしょうか。

停電してたらヤバかったなとか、家にいるときでよかったとか、いろいろ思いましたけど、改めて、備えておかなくてはと思ったことでした

クマさんことペコ氏。
210208 DSC_2160 (2)
このごろなんだか、アザラシ化しています
いつも、どでーんと転がっていて、ハクたんのことを思い出しちゃいますね。
年のせいか、昼も夜も寝ていますよ

210208 DSC_2171 (2)
うさぎのしっぽさんのバレンタインプレゼントのクリアケースがほしくってお買い物したんですけど、ちっちゃくって(A5)ちょっとがっかり。
せっかくの白黒うさぎさん大集合、A4サイズでほしいなぁ

210208 DSC_2174 (2)
ウラも可愛かったです


こちらはコロナ騒動も少し鎮静化してきた感はありますが、まだまだ油断できないですね。
可愛いうさぎを愛でつつ、引きこもり生活は続きそうです。。。
 

今日は節分。
早く帰れたら恵方巻き買いに行こうかな?
と思っておりましたが、案の定、なーーーんにも残っていない時間になってしまって、ちょっとがっかり (´・ω・`)
210202 DSC_1984 (2)
この前、CAP!さんでいただいた福豆でよしとしましょう。
サブちゃんは豆はお召し上がりにならないので、人間が独り占めです( ̄^ ̄)


210131 DSC_1978 (2)
今日は病院にむうさんの状況報告を入れて。
先生からの指示は、
  • ステラロールは予定通り今日で終了。
  • FCV(ビタミン剤)は飲みきりで終了(もう残りわずか)
  • フェノバールは0.3mL×2回を2月6日まで継続。
    2月7日以降は0.2mL×2回に減らす。
  • 2月12日に状況を報告。
とのこと。
次の診察日まで何事もなく過ごせますように。
このまま暖かくなればいいけれど、まだ雪も心配ですし。


オマケ
210130 DSC_1306 (2)
1月30日の富士山。
少し積もりましたが、やっぱり雪は少ないです。
またすぐになくなっちゃいそう!?

210202 DSC_1980 (2)
1月30日の戦利品。
インプ君の点検に行ったら、チョコレートいただいちゃいました
スバル360と飛行機のパッケージがいいですね。
また軽自動車復活してくれないかな~と思うけれど・・・
(スバルの軽、サイコーだったのですよ。もち、MTで
ガソリン車NGの方向だし、無理そうですね。。。
 

今週の月曜日、ちょっと遅めに帰宅して。
テレビをつけたら、ちょうどローカルニュースの時間で、またコロナのニュースやってるな~
って、うさぎたちの様子を確認しつつ、なんとなーく聞いていると・・・

 何言ってるかわかんない 状態。

静岡県で新型コロナウィルスの英国変異株の感染者が見つかり、市中感染が疑われる
というようなことをさらっと言っていて・・・

アタマの中をがいっぱい飛び交っていたのですが、程なく9時の全国版のニュースが始まって、
「今入ってきた情報です」とか言いながら、やっぱり同じことを・・・

東西に長い静岡県ではありますが、なんだかものすごく近いところで起こっていることのような気がして、ゾッとしたのでありました。

後日のニュースで、やっぱり近いってことが分かって、はぁ~って感じでした。
ウチの近所で絶賛クラスター発生中だし💦
利用しているスーパーとかコンビニが同じなんだよな~
って、なんだか気分がだだ下がりだったのでありました。


このニュースを巡っては、県の記者会見の直前に一旦配付された資料が回収されて差し替え版(地域の記載が消されたり変えられたり?)が配られたとかいう報道もあって、ヤフコメに「国家機密かよ」ってのがあって吹きましたが。
もう、本当の話がすぐに報道されないんじゃないかって、疑心暗鬼になるばかりです。
今年に入って急に感染者が出始めたのと、どう見ても若い人の比率が高いのが気になるんですよね。。。

もう、いつ誰がウィルスを拾ってきてしまってもおかしくない状態なので、仕事中もマイスプレーを手近に置いて、ことあるごとにシュッシュしていて、なんか疲れました

職場は今のところ感染者ゼロを維持していますが、1人でも出たら仕事回らないよね!?
というところもあり・・・困ったもんです。


行き着くところまで行かないと収束しないのかな~
なんて思いつつ、万が一に備えて備蓄に励んでおりまする。
花粉のシーズンも始まっちゃったので、いよいよ危険度アップだし。


ああ、やっぱりうさフェスタは遠いな~と思いつつ、、、
いつぞやの可愛いの、貼っておきます

DSC_0483 (3)

北陸や東北地方は大雪で大変なことになっているというのに、
こちらは毎日ピーカンです

大雪に見舞われている地域の皆さま、大丈夫でしょうか?

子供時代を過ごした富山でも、市内で1mを超える積雪とか。
昔はよく降ったので1m超えは珍しくもなかったけれど、今どきの話としてはビックリです

子供の頃は雪が降れば嬉しいから、朝一の除雪されていない道をバス停まで泳いでいったとか(当然、そんな日はバスなんて来ないからバス停で待ちぼうけ)、電車に一晩缶詰とか、
免許取り立ての頃、うっかりブレーキ踏んだらそのまんまスーッと滑って行っちゃった(スパイクタイヤの時代ですよ)とか、
冬場はクルマに必ずスコップを積んでいましたが、ある日、帰ろうとしたらどこに自分の車があるかも分からないくらいに完全に雪に埋まっていて、以来、スコップは持っておりるようになったとか、
懐かしい思い出がいっぱい。
冷や汗もののエピソードは枚挙にいとまがありませんが、楽しかったな~
とはいえ、今更雪国に戻りたいなんては、さらさら思わないのですが。

ともあれ、この前の関越道の時もそうでしたけど、雪の中、クルマに閉じ込められた方たちのことを思うとなんとも・・・
昔とは物流も交通量も桁違いでしょうし。

2021011012180000 (2)
(ガラケー写真で画質が悪くてすみませんm(_ _)m)

さて、話は戻りまして、こちらではなんと
富士山にも雪がなーいっ
のであります。
噴火すんのか
とか思っておりますが💦

今日は午前中は休日出勤で、珍しく富士山に目が行きました。

210110 DSC_1299 (2)
夕方、カメラで撮り直し。

空気がものすごく乾燥していて、ウチのエアコン、加湿機能も付いているのですが、ぜんぜん湿度が上がらないって。
外気から水分を取り込むらしいので、そもそもが乾燥していたらダメなんでしょうねぇ
一所懸命に、室内にいろいろ干してます

コロナだけでも大変なんだから、これ以上、異常気象とか災害とか勘弁してほしいものです。
新型コロナは、東京、神奈川もすごいけど、静岡も着実に(?)増えてます。
3日連続で最多更新とか言ってるし ( ̄▽ ̄;)
それでいて、周りに緊張感がないのもなんだかなーで。
これから感染する人はそう簡単には検査してもらえないでしょうし、入院しようにも空きがないでしょうし。
困ったもんです。

こうなる前に里親募集の子が全員卒業できたのが、せめてもの救いです。

210110 DSC_1306 (2)
話は変わりまして。
休み明けに久しぶりに郵便局に行ったら
こんな可愛いモノがっ
真ん中のうさちゃん、あざとい可愛さです
もう、やられました。
ぶたちゃんも可愛いけど、使うのはちょっと微妙
 
50円の葉書とか切手がまだたくさん残っているから、10円と1円の切手を買うはずだったのに。
新年早々の無駄遣いでありました m(_ _)m


まだ厳しい寒さは続くようです。
皆さまもお気をつけてお過ごしくださいね

我が家の住人たちから新年のご挨拶です。
210101 DSC_1290 (2)
みなしゃん、あけましておめでとう
サブちゃんだよ
このごろ、ぜんぜんとうじょうさせてもらえないけど、サブちゃんはげんきだよ。
このまえびょういんで、
「にんげんでいえば80さいくらい」
っていわれて、おかーしゃんはびっくりしてたけどね。

210101 DSC_1295 (2)
メロンだよ
ボクはサブちゃんよりとしだけど、まけてないよ。
いっつもサブちゃんをけちらしてあそぶんだ

210101 DSC_1303 (2)
あけましておめでたいでし
クマしゃんはいっつもおみかんのせられるでしけど、なんでしか

210101 DSC_1408 (2)
ふくちゃまとむっちゃんなにょ
ことしも、わたちたちのあいはえいえんにょ


210101 DSC_1370 (2)
ナッツだよ
うんと~、おいしいのはどれかな


210101 DSC_1448 (2)
あかりだじょ
こんなことして、おぼえてなさいにょ
ことしもおおあばれにょ

というわけで、相変わらずのドタバタですが、今年もよろしくお願いいたします 

↑このページのトップヘ