兎鳥庵日記

実験室出身のうさぎさんたちと暮らしています

2020年9月27日以前の記事については、リンク集「兎鳥庵日記(2020年9月27日以前)」よりご覧ください。

カテゴリ:うさぎ 里親募集 > 里子うさぎさん

一昨年10月に里子に行ったオリガ(旧ライム)ちゃんがTVデビューされました
すっかりたくましくなって、ラウル兄さん(黒うさぎさん)とも仲良くやっていらっしゃるようです。
お母さんが忙しいときは、しっかりお店で接客のお手伝いもされているとか。

ぜひ、ご覧くださいませ~


 

ピョンタ君、お家にいってまだ1週間ですが、里親さまからは次々に近況をいただいております m(_ _)m
168492171_1547833972081204_7762833571097524168_n
おばあさまは野草をたんまり摘んできてくださり。

168498664_1547415085456426_8876974139563433933_n
お姉さんのさくらちゃんは、すっかりピョンタ君の保護者となり (≧∀≦)

170551500_2071447499663986_5172140230745355413_n
ずっとそばを離れず、見守ってくれています。
もう、信頼関係バッチリなご様子です

171709199_1612839502438552_3690964756143492895_n_LI
そして、今日はおじさまがピョンタハウスと地続きのウッドデッキに遊び場をつくってくださいました
くっくちゃんからは立派なトイレ(というよりは巣穴)をいただきました
背後からは、保護者が見守り中です。

172715513_267704225021632_3669159448506936043_n_LI
お届けの時にブロッコリーの葉っぱが好きだとお伝えしたら、早速、いただいたようです
そして、やっぱり保護者は見守り中
こんな強そうなボディガードがいたら、柵はいらないんじゃないかという勢いです。

何もかもが大きくて、ピョンタ君が小さく見えます

おネコのくっくちゃんは、ピョンタ君から先制の足ダンを食らって、まだピョンタ君から逃げていらっしゃるとか💦
早く、くっくちゃんとも仲良くなってね
 
 里親さま、ありがとうございました

ピョンタ君、本日、お家うさぎさん修行を終えまして、静岡県のTさま宅に旅立ちました。
210403 DSC_2056 (2)
我が家のうさぎたちにご挨拶して、いざ出発

210403 DSC_2057 (3)
ピョンタ君のために大きなお家が準備されていましたよ

210403 DSC_2062 (2)
この敷物が気に入りました
囓ったら没収だからね、大事に使ってね

210403 DSC_2065 (2)
慎重派のピョンタ君、すぐに奥に引っ込んじゃうものだから。
お庭のレタスをいただきました

210403 DSC_2077 (2)
おっきいトイレも気に入りました。
お籠もりして、
これボクの
アピールです。

210403 DSC_2081 (2)
お庭に出て危険なものがないか確認していたら。
トイレの中からこちらをうかがうピョンタ君

210403 DSC_2083 (2)
Tさま宅には、お姉さんネコ(ラグドール)のくっくちゃんがいらっしゃいます。
くっくちゃんとの相性が心配で、おとなしめの男の子のピョンタ君に白羽の矢が立ったのですが、くっくちゃん、ピョンタ君の気配を感じつつ、でもご挨拶に行く勇気がなかったらしく、素知らぬ顔してお庭へお出かけしに行かれました
いきなり怒ってシャーシャー言われたら困るところでしたが、これなら大丈夫そう。

image0
お届けのときは残念ながらご不在だったのですが、お姉さん犬(シェパード)のさくらちゃんもいらっしゃいます。
外見はちょっとコワイ(?)けど、優しいワンコさんだそうです (^_^)
いつか、一緒にピョンタ君も写真に入れるといいなぁ・・・

お庭にカラスさんが来ても、さくら姉さんが守ってくださるとのこと。
心強いです

オマケ
くっくさん
前日に、くっくちゃんがピョンタハウスの点検をしてくださったそうです。
ありがとう、くっくちゃん
ピョンタ君と仲良くしてね

海の幸、山の幸、そして畑のお野菜がいっぱいなお宅で、ピョンタ君、いい暮らしが出来そうです。
そのうち、お庭のピョンタ農園が拡張されるのでは・・・
なんて、勝手に想像してニマニマしてしまいました。

幸せ間違いなしのピョンタ君、元気でね
 

ウィンクちゃん、本日無事に新しいご家族の方にお迎えいただきました。
長らく応援いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

せっかくの門出だったのに、まさかの電池切れでカメラが使えず、ガラケー写真で画像が悪く申し訳ございません m(_ _)m

お迎えくださったのは、神奈川県のKさまご一家。
先代のうさぎさんも保護っ子のパンダウサギさんだったそうです。
たぷたぷのマフマフがお気に入りで、パンダウサギの女の子を探していらっしゃったとのこと。

ウィンクちゃん、甘やかしてちょっとふくよかにしすぎちゃったかな~
なんて思っていたところでしたので、なら、ちょうど良かったわとひと安心 (^_^)
2020112910120000 (2)
先代のうさぎさんのお家を譲っていただきました。
ケージだけでも十分広いですが、サークルのお庭まで付いています

ウィンクちゃん、一目見るなり、ここが自分の新しいお家だと認識してくれたようで、
自らお入りに (o^∇^o)ノ
すっかり新しいお家が気に入ったようで、早速、黒豆をたくさんばらまきました 

初めは床全体にペットシーツが敷いてあったのですが、囓ってしまうので、撤去してあります。
トイレさえきちんとしてくれれば、このままでもいいかな?
とも思いましたが、すぐにスノコを準備してくださるとのこと。

トイレも固定式でないとひっくり返して遊んでしまうので、固定できるものをとお願いしました。
ウィンクちゃん、早速、写真の場所(左奥)でオシッコをしてくれたので、トイレをそこに移動させたのですが、
「ここじゃないにょ
って、グイグイ手前の方へ押しやってしまい💦
どうやら、トイレとしては認識していただけなかったようで (^◇^;)
これはこれで気に入っていて、箱入り娘なさっていて可愛かったのですが。

2020112910380000 (2)
5歳のお兄ちゃんに牧草をツメツメしてもらって、大喜び。
お皿にはバナナもありますよ 

お兄ちゃんはうさぎさんが来て大喜びで。
ウィンクちゃん、愛想がないから大丈夫かな~
って心配していましたが、全くの杞憂でした。
ウィンクちゃんもチラチラお兄ちゃんを見やりながら、自分を可愛がってくれる人と認識したようです。
お兄ちゃんLoveになる日も近いのでは!?
ベストフレンドの予感ですよ

2020112910170001 (2)
新しいお名前は、おもちちゃん

お兄ちゃんが命名してくださいました。
もうね、たっくさん候補の名前を考えてくださっていて、でも、実際に顔を見てから決めようって言っていたそうです。
ミルクちゃんとか、チョコちゃんとか、レモンちゃんとか、メロンちゃんとか、いろいろ呼んでみて、おもちちゃんが一番しっくりとしたみたい。

お月様にいるうさぎさんがお餅をついているから。
ってお兄ちゃんがお話ししてくれました(ホロリ)
おもちちゃん、お月様の先代さんとうさぎ通信して、家族の一員として早くなじんでね。

ウィンクちゃん、ウチの子になるってずっと頑張っていて、お見合いに行くたんび激怒していたから、また怒るんじゃないかって心配していたのですが。
新しいお家が嬉しい、嬉しいって、しきりに首を振っていて。
ごろんちょが見たいというママさんのリクエストに、あんまりごろんちょはしないかも・・・
なんて言っているそばから、コテッとひっくり返っていて ヾ( ̄0 ̄;ノ
嬉しい誤算でした。

ずっと、「新しいお家に行くんだからね、幸せになるんだよ」って言い聞かせていたのが分かったのかな?
ひょっとして、かなりのレベルで人間の言葉を理解しているのでは?
と思わされたことでした。
出かけるときも、みんなのケージを順番に回って、
「ウィンクは新しいお家に行って、幸せになります。いままでお世話になりました。」
ってご挨拶したので、それですべてを察してくれたのかもしれません。

お迎えくださった、パパさん、ママさん、お兄ちゃん、皆さんとてもいい方で、待った甲斐があったと本当にありがたかったです。
うさぎの神様のつむいでくださったご縁に感謝です。

おもちちゃん、幸せにね
 

↑このページのトップヘ