兎鳥庵日記

実験室出身のうさぎさんたちと暮らしています

2020年9月27日以前の記事については、リンク集「兎鳥庵日記(2020年9月27日以前)」よりご覧ください。

カテゴリ: うさぎ 里親募集

くくちゃんとしろみちゃんのお家が相次いで決まりました

くくちゃんは、ハンデを乗り越えての幸せゲット、
そして、栄えある卒業第1号です
明日、お迎えいただきます。


しろみちゃんも、ご家族の方が楽しみに待っていてくださいます


そして、コロ君とナナメ君が来週、お見合い予定です。
里親さまの心をつかんだ方が、お迎えいただきます
どっちになるかな


うさぎの神様のご縁に感謝です
全員のお家が決まりますよう、引き続き、応援よろしくお願いいたします m(_ _)m

今日は(というか日付が変わってしまいましたが6月10日です💦)お掃除をちゃちゃっとするだけにしようと思っていたのですが。
いとちゃんが、ジャンプしてハッチから飛び出し、自主的にへやんぽ始めてくれたものだから。
ちょこっとだけ
210610 DSC_2137 (2)
後ろのカオスには目をつぶってくださいね
たまちゃんのシリンジぶん投げて遊んでいます。

210610 DSC_2158 (2)
おっきちゃんにご挨拶
おっきちゃんは激怒してましたけど

210610 DSC_2165 (2)
しろみちゃんとビーツ君の間で

おとなしそうに見えて、とんだお転婆娘ですが、素直でよい子です
 

今週は週明けから、またイベントがありまして。

日曜の午後辺りから下降線だったナナクロ君。
常備薬のプリンペランを投薬しましたが、回復せず
夜は耳も冷たかったので、お灸もしてみましたが、これまた効果なく。
210607 DSC00003 (2)
月曜日はこんな感じで、どよ~ん
もちろん、ゴハンも食べず、黒豆も涙型のアヤシイのが3粒だけ。

仕方ないので、またぞろ病院のお世話になりました。
典型的なうっ滞だったようですが、先生によると、うっ滞から回復の途上とのこと。
ということは、前日の投薬もお灸もムダではなかったってことでしょうか。

補液と浣腸、強制給餌もしていただいて。
触診で、腸に大きなウンチの塊があるとのこと。
その場では出ませんでしたが、もうしばらくしたら出るでしょうと。

「トイレにこもってウンウンしてたら、ウンチがなかなか出ない状態なので、手で押し出してあげるといいですよ」
なんて言われましたけど、イヤ~ン
自力で出してくれいってことで。

幸い、帰ってきてからは徐々に上向いてくれて。
浣腸が効いたようで、ヌルヌルのブツをばらまきながらお部屋を1周してくれました。
毛も混ざっていたので、環境が変わったストレスでグルーミングしすぎたのかな~とも。

常時エアコンはつけていますが、ラボほどの制御は望むべくもなく。
新人さんたち、結構、換毛が始まっちゃった子が多くて。
ナナクロ君、タフそうに見えて、案外繊細なのかも。

210609 DSC_2102 (2)
本日のナナクロ君。
やんちゃしすぎて、しまわれたところです

210609 DSC_2109 (2)
もう、リラックスした寝方です

210609 DSC_2123 (2)
お薬飲むのも上手になりました

ナナクロ君のトイレったら、メチャくさいし、やっぱり腸内細菌叢がヤバいことになっていたのかも。
完全復活まで、あともう一歩。

ガンバレ、ナナクロ
負けるなナナクロ 

今日は元気印のしろみちゃんの登場です
210606 DSC_2341 (2)
12ダッチ中、一番うるさいんじゃないかってのが、しろみちゃん。

210606 DSC_2331 (2)
他の子のお世話をしていると、グルグル、ダンダン、まあ大騒ぎです

210606 DSC_2289 (2)
おイタも天下一品。

えっとぉ、それはみんなのために買ったんだけど、もう少しお部屋が広くならないと使えないからね、大事にとっておいてくださいな。

210606 DSC_2299 (2)
ナナクロ君と。

210606 DSC_2327 (2)
オビワン君と。
女の子なのに、なんかパンツ脱げそうって・・・どうなんでしょ

210606 DSC_2330 (2)
シッポフリフリ、キャピキャピ走ります。

210606 DSC_2357 (2)
また、オビワン君と。

しろみちゃんは、飛ばし屋が好みのようです。
オビワン君の飛ばしっぷりは、後ろの段ボールと餌入れの汚れでご判断ください

210606 DSC_2362 (2)
しろみちゃんはシッコは飛ばしませんが、黒豆は盛大にばらまきます

210606 DSC_2375 (2)
くくちゃんと。
くくちゃん、しろみちゃんにバリバリされても我関せず。

210606 DSC_2389 (2)
また、ナナクロ君と。
ナナクロ君、午前中は元気に遊んでたんですけど、どうもその後具合が悪くなったらしく。
いつもの元気がないんですけど、しろみちゃんはお構いなし。

210606 DSC_2397 (2)
コロ君と。


しろみちゃんは、体重も一番小さくて(本日1.73kg)、痩せすぎでは!?
とやや心配な面もあるものの、これだけ動いていればこんなものかもしれません。
非常に筋肉質です

遊んでいる途中で、何回もこちらに寄ってきては、まみ~の腕を抱え込もうとしてくれました。
ホントに女の子か
って心配になり、おまた確認しちゃいました。
はい、ちゃんと女の子でした
 

6月5日の土曜日は、新人4名の健診へ行ってきました。
今回は無難に里親さまが決まりそうな子たちだったので、平穏に。

コロ君、ナナメ君、こまちゃんは問題なしでした。
(写真なくてゴメンナサイ)


唯一、引っかかってしまったのが、くくちゃん。
210606 DSC_2063 (2)
左眼に虹彩癒着が認められました。
おそらく、先天性と思われます。

経過観察で良いとのことですが、
将来的に不都合はありますか?
とお聞きしたところ。

瞳孔が収縮するときに癒着した部分が引っ張られるので、いつかは破れてしまうとのこと。
ただ、その後また元どおりになることも多いそうです。

あくまで理論上の話と前置きした上で、
破れたときにそこに血管があると、出血して血液に対して免疫反応が起こり、ぶどう膜炎になってしまう可能性があるそうです。
理論上はそうなんだけれども、でも、先生はそうなった症例は見たことがないともおっしゃっていました。
ん十年、来る日も来る日もうさぎばかり診てこられた先生がそうおっしゃるなら、そういった事態になるのは極めてまれということでしょう。

眼科専門の病院なら、癒着部分をレーザーで焼き切って治すことも可能かもしれないとおっしゃっていましたが、そこまでする必要があるかどうか・・・とも。
経済的に相当な余裕があって、それがどうしても気になるなら、ということなのでしょうが、まあ、先生がおっしゃるとおり、経過観察で良いかなという感触です。

210606 くく DSC_2059 (2)
この子が少し用心深く見えるのは、その辺の関係もあるのかもしれませんね。

210606 くく DSC_2054 (2)
ここでの生活にもすっかり慣れて、おくつろぎのくくちゃん。


そんなわけで、くくちゃんについては、定期的に眼の確認を含む健診(眼科専門医でなくても、検眼鏡で確認する程度のチェックでOK)を受けさせていただけること、眼に異常が見られた場合は速やかに病院に連れて行っていただけることが譲渡の条件となりますので、ご了承ください。
 

今日はナナメ君が登場です
210602 DSC_2092 (2)
ナナメ君も超イケメン

210602 DSC_2064 (2)
お部屋に出たら、早速探検です。

210602 DSC_2068 (2)
ナナメ君もうたっちが得意

210602 DSC_2089 (2)
軽やかにジャンプしては、騒動を巻き起こします
両隣はナナクロ君とコロ君です。

210602 DSC_2100 (2)
うさ耳ボールさんにご挨拶

210602 DSC_2115 (2)
くくちゃんと

210602 DSC_2152 (2)
ナナメ君はトイレ使用率が高いので、そのうち覚えてくれるかな
という印象です。
他の男の子たちに比べて、ケージの中はきれいめです

ただし、へやんぽ中は雑巾とちりとり持ってついて歩かないと、大変なことになってたりします。
なかなかのやんちゃさん&汚し屋さんです

210602 DSC_2180 (2)
何にでもアゴスリするのは、コロ君と一緒。
まだ、抱っこは慣れないみたいですけど。 

210602 DSC_2210 (2)
こまちゃんと。

210602 DSC_2348 (2)
ナナメ君邸を掃除してたら、やっぱり邪魔しに来ました。

210602 DSC_2367 (2)
お掃除中って、みんなこれやりますね

というわけで、可愛いナナメ君でした。

たくさんいるから、へやんぽは交代です。
毎日じゃなくて悪いけど、がまんしてね
210531 DSC_2196 (2)
今日はコロ君が行きます。
へっぴり腰が可愛い

210531 DSC_2199 (2)
やる気満々
シッポがきちゃないのは、オトコの勲章ということで。

210531 DSC_2204 (2)
大いばりで、ナナメ君とビーツ君にご挨拶です。

210531 DSC_2214 (2)
高いところにスリスリするのが趣味なご様子

210531 DSC_2218 (2)
まみ~の足にも

210531 DSC_2231 (2)
やっぱり、高いところ

210531 DSC_2235 (2)
めいっぱい背伸びしてます。

210531 DSC_2246 (2)
嬉しいなジャンプを連発してくれたのですが、撮れたのがこの1枚だけ m(_ _)m
何故か縦にとんでます

210531 DSC_2256 (2)
 いろいろオモチャも準備してあったんですけど。
まだこういうのには興味ないみたい。


210531 DSC_2262 (2)
こまちゃんと

210531 DSC_2359 (2)
可愛いね

210531 DSC_2360 (2)
また、こまちゃんと

210531 DSC_2364 (2)
最後はもうオシマイって、とっ捕まりました

ちなみに、コロ君は今のところトイレを覚える気はないそうです。。。

本日、掃除中の一コマです。
210530 DSC_2151 (2)
しろみちゃんにご挨拶しているのは、ナナクロ君。
この2人、似たもの同士のにおいがします。
白と黒だし。

210530 DSC_2156 (2)
ナナクロ君、突然、牧草の箱の中へダイブしまして
上に適当に置いてあった新聞紙やペットシーツもろとも中へドブン

210530 DSC_2157 (2)
で、次の瞬間には跳んで出ていきましたとさ
中に落っこちた新聞紙にはしっかりシッコが
牧草に直にじゃなくて良かったです。

210530 DSC_2161 (2)
静かになったなー
と思えば、この状態

210530 DSC_2164 (2)
面白くってバシバシ写真撮ってたら、可愛いお顔見せてくれました

210530 DSC_2179 (2)
 お掃除が終わってしまわれたら、このくつろぎっぷり。
そこから手を出すの、コワイからやめてほしいなー。
こんなヘンなやつ、初めてです。

可愛いナナクロ君ですが、シッコ飛ばします。
飛ばし屋No.1 は、コロ君を挟んでお向かいのオビワン君。
No.2 がナナクロ君。

この前のナッツたちは誰も飛ばさなかったのに。
飛ばし屋の後始末にてんてこ舞いです

記事が前後してしまいましたが、ダッチさんたちの里親募集記事をアップしました。
まだこれから追記していくことになると思いますが、応援、よろしくお願い
いたします m(_ _)m




みんな、ご縁がつながりますように

ご心配いただきました、ぽわ君ですが、今朝になってようやく普通のコロコロがたくさん出るようになりました。
あれから、ウチの子たちが食べているちょっと美味しいペレット(パル:ベジタブル味、恵:シニア)をお出ししてみたら、気に入ってくれて少しばかり食べてくれて。

そして、入れ替わりで急降下したのが、たまちゃん。
ペレットは食べないままでしたが、牧草はよく食べていたのが、急に牧草も食べなくなって。
●も1.、2粒が落ちている程度で。
何かしら食べてくれていたら大丈夫なのですが、かたくなに何も食べない。
美味しいペレットもいらないって。

ならばと、最終兵器、うさぎのお団子を進呈したのでした。
ぽわ君はパクパク食べてくれて。
けれど、たまちゃんはこれまた見向きもせず。

たまちゃんは食べてさえくれれば解決する気がしたので、ここ3日ほど強制給餌となりました。
とりあえず、土曜日に先生に診ていただくまでの間、つなげられればいいかなと。


そんなわけで、本日、ぽわ君とたまちゃんが病院に行くことに。
元々はウチの子3人の健診枠だったのですが、この際なのでもう一人、おっきちゃんもエントリーさせて。
おっきちゃんは、爪切りで抱っこしたとき、ヒフヒフ、ハフハフ、息づかいが半端なかったので、やや心配で。

重量級お三方ご一行様でありました。


210529 CSC_2124 (2)
病院にて。
ぽわ君、おそるおそる顔を出します。
この元気があれば、大丈夫。

210529 DSC_2131 (2)
360° 偵察です。

210529 DSC_2110 (2)
こぼれんばかりに大きなお目々を見開いているのは、おっきちゃん。

210529 DSC_2111 (2)
意外と社交的な性格かもしれません。

 210529 DSC_2113 (2)
まるでお相撲さんな娘ですが、なんとも言えない可愛さがあります


210529 DSC_2127 (2)
たまちゃんも、この美貌

一体どこが具合が悪いんだという、いでたちのご一行様だったのでありました


で、結果、3人とも異常なしとのお墨付きをいただいたのでありました。

ぽわ君とたまちゃんは、このままプリンペランとラキサトーンを続けるようにとのこと。
たまちゃんには、プラス、ステロイド。
ステラロール 0.2mL を1日2回、3日間。
ホルモンバランスを整えてやるのだとか。
これで良くなるでしょうとのこと。

そして、これまた美味しいごはんを試してみてと、パルのフルーツ味の小分けを1袋、いただきました。
そうそう、これ、ウチのふくちゃまに今度買おうと思っていたものでした。
(急にあれイヤ、これイヤ言い出して、困った娘なのです)
これで気持ちが上向けば、安いものです。
たぶん、ダッチさんたちは体調が戻れば、ペレットも好き嫌い言わなくなるはずですから。

さらに、先生が最後に一言。
「部屋の温度は21℃にして」と。
先生の知っているラボさんは21℃なんですね。

「いえ、ウチのは22℃のウサギですから」
とか答えつつ、でも、お部屋の温度は24℃にしていたんですけど。
ラボは厳密に温湿度コントロールをしているから、ちょっとした差が影響しちゃうこともあるんです。
ただ、人間が冷え性で22℃はちと辛い。
24℃で手を打ってくれないか、ってところだったのでした。

21℃とか22℃って極端なので、ずっとこの温度でなくてはいけないということではなくて、うさぎさんにも徐々に人との暮らしの適温に慣れていってもらわなくてはならないのですが。
我が家にいる間にゆっくり、慣れてもらいましょう。


ちなみに、先生がおっしゃるには、5月が一番、うさぎは暑さに弱いのだとか。
飼い主さんもまだ油断していて暑さ対策をしてないことも多いしと。
もうすでに熱中症のうさぎさんも来院されているそうです。

そういえば、今日は日中の運転は人間も辛かったです。
日差しが強いと、疲れ方が半端ないというか。
西湘バイパス通行止めの影響で少し遠回りをしたとか、どういうわけか道が激混みで時間がかかったとか、そんなこともあったのですけれど。
小田原で一般道におりたら、お店はどこも人でいっぱいだし。
コロナ禍はもう過ぎ去ったかのような光景でした m(_ _)m

脱線しましたが、来週の土曜日に第2弾4匹分の健診をお願いして。
次はそのときにまた決めましょうということに。
早めのお迎えをご希望の里親さまがいらっしゃる場合は、健診をどうするかは個別に相談させていただきたいと思います。

とりあえず、気になっていた子たちが済んだので、こちらとしてはひと安心でした。



《追記》

ぜんぜん食べないとか、ウンチが出ないとか、心配してしまうのですが。
先生がおっしゃるには、今回のようなケースは、
「それは、ウンチを食べちゃっているんですよ」
とのこと。

「ウンチだけ食べて1週間はしのげますから。
食べなくても大丈夫ですよ」
と。
毛繕いしているようなら、そのときにウンチもちゃんと食べていると。

もちろん、本当にお腹のトラブルでウンチが出ないこともあるので、自己判断は禁物ですが。

新しい子をこれだけの数、保護してきて、不調な子がいると、ホント、ノイローゼのようになっちゃうのですが、これは救いの言葉だったのでありました。

実は、あれからぽわ君の状態が思わしくなく。
初めてのプリンペランって、普通は劇的に効くものなのですが、ぽわちゃんに限っては全く効果がなく
一緒にプリンペランにお付き合いしたオビワン君は一発でOKになったのに。
210525 DSC_2065 (2)
昨日のぽわ君。
ここは一つ運動で
と部屋んぽをお楽しみいただきました。

210525 DSC_2069 (2)
月曜、火曜とまったく●が出なくて。
火曜日なんて注意して見なきゃいけなかったのに、朝、しっかり寝坊してみんなのゴハンだけお世話してすっ飛んで出かけてしまい。
そして、遅くに帰ってきて、ぽわちゃんちに●が一粒も落ちていないことに驚愕し
お腹の張りを確認してからプリンペランを投薬し、控えめにマッサージとお灸もして。

それでも、残念ながら今朝も食欲、排便なし。
ただ、牧草を1本、2本つまんでいたので、これから上向くかも・・・と期待して。
午前中は仕事を抜けられなかったので、お昼休みに様子を見に帰ってきたけど、状況に変化なし。
とにかく、すぐ病院連れて行かなきゃダメだわと半休をもらったものの。

水曜はかかりつけが休診 
ダメ元で電話してみたけど、やっぱり今日は先生が捕まらないって。
シンシアさんと星川は激混みと聞いていますし。
なら、曽我先生は?と思ったけど、HP確認したら水曜午後は先生がお休みってなってるし。

そんなわけで、最近、「あなたがウサギに出来ること」のうさぎを診られる病院リストに口コミの載っている近場の病院に行ってみたのでありました。
いい病院だったら、近くの里親さまにも紹介できるし、偵察がてら(というにはぽわちゃんの状態が悪すぎる気もしましたが)ということで。
210526 DSC_2070 (2)
レントゲン撮って、補液をしていただきました。
とにかく脂肪が付きすぎていて、胃腸を圧迫しているということのようです。
胃は大きくなってないとのことで、ひと安心ではありました。
210526 DSC_2072 (2)

210526 DSC_2079 (2)
帰ってきてからのぽわ君。
数粒ですが、やっとこさ●が出てきました。

210525 DSC_2103 (2)
牧草も食べたくてばらまいているんでしょうけど、まだあんまり食べられないみたい。

210525 DSC_2104 (2)
運動する? って聞いたら、無理矢理扉の下をくぐろうとして挫折していました。
もうちっと痩せねば、くぐれんですな

210526 DSC_2082 (2)
で、すぐまたこの姿勢に。
明日には復活しているといいのですが。

ぽわ君、ガンバレ
 

女の子たちも個性派ぞろい
このとき相当疲れていたらしく、どんどん写真がテキトーになっていってます m(_ _)m


しろみちゃん 2019年12月12日生まれ 
210523 DSC_2369 (2)
体重 1.76kg
女の子たちの中では一番フレンドリーな子かも。
可愛いかまってちゃんです


おっきちゃん 2019年12月12日生まれ
210523DSC_2376 (2)
体重 2.31kg
おっきいマフマフが魅力的な女の子
おそるおそるなで待ちをする様子が可愛いです。


くくちゃん 2019年12月5日生まれ
210523 DSC_2381 (2)
体重 2.06kg
まだまだうさぎをかぶっていますが、快食快便の優等生


たまちゃん 2019年12月13日生まれ
210523 DSC_2382 (2)
体重 2.64kg 
ビッグなお嬢さんです。
ダイエット、がんばろうね


こまちゃん 2019年12月6日生まれ
210523 DSC_2388 (2)
体重 2.31kg
絶賛換毛中です。
この子もシッポに毛玉をこさえていて、エステしました。
切ったのはちょこっとだけなので、見た目に影響はありません


いとちゃん 2019年12月27日生まれ
210523 DSC_2389 (2)
体重 2.06kg
喜怒哀楽のはっきりしたお嬢さん。
嬉しいなダンスを踊ったり、激怒の足ダン連発したり、忙しい子です。
一癖ある子なので、うさぎ飼育になれた方にお願いしたい子です
 

日曜日に爪切り&体重測定をしました。
少々問題ありな子もいますが、お家ウサギさん修行をしつつ体調を整えてほしいです。

ぽわ君 2019年12月19日生まれ

210523 DSC_2324 (2)
体重 2.56kg
標準的なダッチの男の子の体重は2kgちょうどくらいなので、少々、ふくよかです。

お腹の調子が良くないらしく、昨日の朝はプラすのこ一面に軟便が付いていました。
普通のコロコロをしていないので、要経過観察です。
食欲もないので、今日はプリンペラン(食欲増進剤)を投薬しました。
元気はあって、機嫌よくしているので深刻な状態ではありませんが、今週末が通院の日なので連れて行く予定です。
210523 DSC_2326 (2)
腰回りとシッポに大きな毛玉をたくさんこさえていて、相当前から軟便があったのではと推測されます。
洗ってどうなるレベルではなかったので、毛玉はハサミで切りました。
ちょっと不格好になっちゃいましたが、切った方が早くきれいな毛が生えてくるでしょうしお肌にもいいでしょうし。

食生活を改善して運動するようになれば、お腹も良くなるのではと期待しています。


ナナクロ君 2019年12月5日生まれ
210523 DSC_2336 (2)
体重 2.12kg
この子は心配なさそう。
ペレットはあまり食べていませんが、牧草をよく食べてくれています。


コロ君 2019年11月29日生まれ
210523 DSC_2345 (2)
体重 1.83kg
牧草もペレットも完食する優等生。
抜群の適応力です。


オビワン君 2019年12月5日生まれ
210523 DSC_2352 (2)
体重 2.19kg
プイッと後ろを向いていることが多く、少々へこんでいるかも!?
声をかければ、機嫌よく寄ってきてくれるので大丈夫そうですが。
昨日の夜までの間、●が1個も出ていなかったので昨夜、プリンペランを投薬して、今日は大きなコロコロたくさん出ました。


ナナメ君 2019年12月5日生まれ
210523 DSC_2356 (2)
体重 1.93kg
オシッコはほぼトイレを使ってくれるお利口さん。
食欲も問題ありません。


ビーツ君 2019年12月12日生まれ
210523 DSC_2361 (2)
体重 2.31kg
残念ながらオビワン君とは兄弟ではありませんでしたが、血縁は近そうです。
体重重めですが、心配な感じはありません。
なかなかアクティブな性格のようです。
 

里親募集のダッチさんたち、女の子は6羽一気にご紹介です

しろみちゃん
右耳の先っぽに白い部分があります。
他の子のお世話をしていると、自分をかまえと大騒ぎする可愛い子
牧草をぶん回して食べる、ちょっと変わった子でもあります。
210522 DSC_0260 (2)


210522 DSC_0241 (2)

210522 DSC_0231 (2)


おっきちゃん
見た目、一番大きい気がして、おっきちゃんと呼んでいましたが、実際はそれほどでもなかったようです
でも、折角の美人さんだし、もうちょっとシェイプした方がよさそうです。
210522 DSC_0285 (2)

210522 DSC_0301 (2)

210522 DSC_0306 (2)


くくちゃん
ちょっとびびりさんですが、地が出てきたら面白い子になりそうです
210522 DSC_0308 (2)

210522 DSC_0315 (2)

210522 DSC_0323 (2)


たまちゃん
くくちゃんの写真を撮っているときに、スノコぶん回して大暴れしていた豪傑です。
が、いざ自分の番になったらシュンとしていました
12うさの中で一番大きいです。
210522 DSC_0332 (2)

210522 DSC_0341 (2)

210522 DSC_0347 (2)


こまちゃん
ちょっと大きめの可愛い子。
ダッチ模様もきれいに出ています
210522 DSC_0361 (2)
 
210522 DSC_0369 (2)

210522 DSC_0381 (2)


いとちゃん
ちょっとクセうさぎさんの予感のする美人さん。
ひたすら牧草と戦っておいででした
210522 DSC_0418 (2)

210522 DSC_0429 (2)

210522 DSC_0474 (2)


女の子たちにも良いご縁がありますように

オビワン君
以前我が家にいた、おびやんにビックリするほど似ているので。
今のところ、おびやんほどのオーラはありませんが。
移動中キャリー内の仕切りが崩壊していて、隣のビーツ君にグイグイ押されて動揺していたのか、ケージに移してからいきなり流血していました。

210522 DSC_0119 (2)

210522 DSC_0138 (2)


210522 DSC_0145 (2)

210522 DSC_0154 (2)



ナナメ君
背中の模様が斜めに色分けされているので。
愛らしい癒やし系のお顔ですが、トイレをガンガンやる一面も。
210522 DSC_0159 (3)

210522 DSC_0164 (2)

210522 DSC_0172 (2)

210522 DSC_0174 (2)

210522 DSC_0185 (2)

210522 DSC_0188 (2)



ビーツ君
オビワン君と顔も模様もそっくりなので、兄弟かもしれません。
仮名の由来は「おび2」ということで。
210522 DSC_0208 (2)

210522 DSC_0218 (2)

210522 DSC_0221 (2)

210522 DSC_0228 (2)


男の子は、以上の6名です。
良いご縁をお待ちしております m(_ _)m
 

↑このページのトップヘ